2019年2月17日12:00から15:00までウリムーが大量出現するコミュニティ・デイが行われました。
ウリムーの出現が終了した後の15:00~16:00まで時間内に進化させると特別な技「げんしのちから」を覚えるマンムーを作ることができます。
色違いウリムーも初登場しました。

ポケモンを捕獲する時に手に入るほしのすなが通常の3倍になりました。
ルアーモジュールの効果は3時間になり、現在行われているバレンタインイベントでは6時間続く仕様ですが、逆に減るのでイベント前に使うのがよいとされています。

コミュニティデイの前々日の金曜日と土曜日はトレーニングのバトル、トレーナーバトルの各5回で計10回、ほしのすなやシンオウのいしといった報酬がもらえる特別仕様となっていました。


ただ確率がしぶく、合計10回の9回ぐらいはほしのすなで、シンオウのいしは出にくくなっているような体感でした。


当日はシンオウのいしが確定でもらえるようになり、合計10個まで獲得が可能となっていました。これで最低10匹はマンムーが作れることになります。

開始時の様子


開始前はネットワークエラーが出たりと怪しい動きがあり、これは今日はもしかしたら都内はだめなかな?と思いきや、特にトラブルもなくスムーズに開始されました。

開始5分でいきなり色違いウリムーを発見。


捕獲のツイッター動画です。


時間内に進化させれれば、特別な技であるげんしのちからを覚えたマンムーを作ることができます。


みんぽけで個体値100の通知がくるたびに、近場のほうに向かったりしましたが、なかなかタイミングが合わないようで逃すことが多かったですが、比較的今回は個体値100の報告があまりにも多いので所持できたトレーナーさんも多いのではないでしょうか。


終了後にタマゴが孵り、色違いウリムーというミラクルまで今回はありました。
前回の野生色違いヒンバスといい、今年は何か運がついている。

今回の結果


色違いウリムーは全部で10匹でした。比較的普通な感じがします。


今回成果が大きかったのはトレードで、キラになりさらに個体値100%のげんしのちからを持ったマンムーが作れたことですね。


マンムーを作ったのは全部で15体となりました。
シンオウのいしは結構使ってしまったので、また集めなおさないといけません。
元々こおり属性のポケモンの所持はほとんど持っていなく、簡単に作れるマンムーが大量に手に入ったので、今後のドラゴンタイプのレイドで大活躍しそうです。
色違いレックウザとか復刻があれば、大活躍してくれることでしょう。


こおり技に2重弱点をもつポケモンに対しては現状では最強です。

「げんしのちから」について


2月14日の発表で、トレーナーバトル限定で、バトル中にポケモンの能力を上昇させる効果が追加と発表がありました。

げんしのちから バトル中、わざを使用したポケモンのこうげきとぼうぎょが一定の確率で上昇
あやしいかぜ バトル中、わざを使用したポケモンのこうげきとぼうぎょが一定の確率で上昇
ぎんいろのかぜ バトル中、わざを使用したポケモンのこうげきとぼうぎょが一定の確率で上昇

げんしのちからを習得するポケモン

ギラティナ(アナザー) メガヤンマ トゲキッス
モジャンボ タテトプス ズガイドス
レックウザ ジーランス アノプス
リリーラ サナギラス ヨーギラス
ヤンマヤンマ トゲチック トゲピー
ベイリーフ ミュウ プテラ
カブトプス カブト オムスター


GO HUBさんの画像が分かりやすいので拝借

発動率は約10%
全部で4段階らしいが、現状では2段階まで上昇が確認。
シールド時でも発動する。
バフの効果は1.5倍

おすすめの記事