平成最後の大晦日、元旦早々お仕事で普通にお休みできずに気づけば2019年になっていました。
1月4日ぐらいにやっとお休みが取れたので、平成最後は初詣はぜひとも行っておこうと思い、高尾山へ向かいました。

高尾山は私が住んでいる場所からは電車1本でいけるので、お手軽にいける場所なんですよね。

ケーブルカーに乗ろうと思いましたが、かなり混んでいるので徒歩で登山することにしました。
稲荷山口、1号路、6号路と3つ登山口がありますが、私は6号路の道が好きなので6号路へ向かいます。


ここが高尾山6号路入り口です。今年初の登山です。登山よりハイキングに近い感覚ですね。

琵琶滝周辺です。落石対策で屋根がつくようになっていました。

ポケモンGOの画面ではベロリンガを発見。


途中ドーミラーの影をちらほら見かけたのですが、そこまでの距離が遠くて間に合いませんでした。


しばらく歩いていると登りより、下山してくる人のほうが多く感じられました。
登山する人は思ったより少ないようです。


もう毎年何回も登っているのに、6号路から登ると「おお~」て気持ちが出てしまいますね。

これが6号路の魅力なんでしょうね。
小さな沢が流れていて、ここの手前で稲荷山の分岐があるのですが、足の置き方を間違いなければ普通の靴でも濡らさないで通れるので、あえて小さな沢から頂上へ向かいます。


6号路で一番きつい所は、このラストの階段ですね。稲荷山口にもあるのですが、この階段はノンストップで普通にいくとかなりきつい。


頂上手前、日がだいぶ沈んできましたが、太陽の光が心地よいです。


高尾山頂上の景色、いつ見ても関東平野が一望できてすばらしい景色です。

高尾山は頂上と入り口のほうはソースになっているようで、たくさんポケモンが沸いていました。
途中はソースになっているような場所はなかったですが、ベロリンガを数体みつけたので珍しいポケモンが沸きやすいようです。


ここで富士山を見ながらお弁当または売店で売っているご飯を食べる人が多いです。
こっちはスマホで撮った、お気軽写真です。


こっちの写真は前に行った時に一眼レフで撮ったガチ写真です(笑)
日が沈む時間に合わせていったので、帰りは懐中電灯がないと道を歩くのが大変になります。
行く時間のタイミングを間違えると、大変なことになるので注意しましょう。

下山編へ続く

おすすめの記事